2007/06/19

脳内イメージ

うそこメーカー
hisabohの脳内イメージ
うそこメーカー
ひさしの脳内イメージ

2007/06/17

zshの設定

漢のzshより
# users generic .zshrc file for zsh(1)

## Environment variable configuration
#
# LANG
#
export LANG=ja_JP.UTF-8

## Default shell configuration
#
# set prompt
#
autoload colors
colors
case ${UID} in
0)
PROMPT="%B%{${fg[red]}%}%/#%{${reset_color}%}%b "
PROMPT2="%B%{${fg[red]}%}%_#%{${reset_color}%}%b "
SPROMPT="%B%{${fg[red]}%}%r is correct? [n,y,a,e]:%{${reset_color}%}%b "
[ -n "${REMOTEHOST}${SSH_CONNECTION}" ] &&
PROMPT="%{${fg[white]}%}${HOST%%.*} ${PROMPT}"
;;
*)
PROMPT="%{${fg[red]}%}%/%%%{${reset_color}%} "
PROMPT2="%{${fg[red]}%}%_%%%{${reset_color}%} "
SPROMPT="%{${fg[red]}%}%r is correct? [n,y,a,e]:%{${reset_color}%} "
[ -n "${REMOTEHOST}${SSH_CONNECTION}" ] &&
PROMPT="%{${fg[white]}%}${HOST%%.*} ${PROMPT}"
;;
esac

# auto change directory
#
setopt auto_cd

# auto directory pushd that you can get dirs list by cd -[tab]
#
setopt auto_pushd

# command correct edition before each completion attempt
#
setopt correct

# compacked complete list display
#
setopt list_packed

# no remove postfix slash of command line
#
setopt noautoremoveslash

# no beep sound when complete list displayed
#
setopt nolistbeep

## Keybind configuration
#
# emacs like keybind (e.x. Ctrl-a goes to head of a line and Ctrl-e goes
# to end of it)
#
bindkey -e

# historical backward/forward search with linehead string binded to ^P/^N
#
autoload history-search-end
zle -N history-beginning-search-backward-end history-search-end
zle -N history-beginning-search-forward-end history-search-end
bindkey "^p" history-beginning-search-backward-end
bindkey "^n" history-beginning-search-forward-end
bindkey "\\ep" history-beginning-search-backward-end
bindkey "\\en" history-beginning-search-forward-end

## Command history configuration
#
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000
setopt hist_ignore_dups # ignore duplication command history list
setopt share_history # share command history data

## Completion configuration
#
autoload -U compinit
compinit

autoload predict-on
predict-on

## Alias configuration
#
# expand aliases before completing
#
setopt complete_aliases # aliased ls needs if file/dir completions work

alias where="command -v"
alias j="jobs -l"

case "${OSTYPE}" in
freebsd*|darwin*)
alias ls="ls -G -w"
;;
linux*)
alias ls="ls --color"
;;
esac

alias la="ls -a"
alias lf="ls -F"
alias ll="ls -l"

alias du="du -h"
alias df="df -h"

alias su="su -l"

## terminal configuration
#
unset LSCOLORS
case "${TERM}" in
xterm)
export TERM=xterm-color
;;
kterm)
export TERM=kterm-color
# set BackSpace control character
stty erase
;;
cons25)
unset LANG
export LSCOLORS=ExFxCxdxBxegedabagacad
export LS_COLORS='di=01;34:ln=01;35:so=01;32:ex=01;31:bd=46;34:cd=43;34:su=41;30:sg=46;30:tw=42;30:ow=43;30'
zstyle ':completion:*' list-colors \
'di=;34;1' 'ln=;35;1' 'so=;32;1' 'ex=31;1' 'bd=46;34' 'cd=43;34'
;;
esac

# set terminal title including current directory
#
case "${TERM}" in
kterm*|xterm*)
precmd() {
echo -ne "\033]0;${USER}@${HOST%%.*}:${PWD}\007"
}
export LSCOLORS=exfxcxdxbxegedabagacad
export LS_COLORS='di=34:ln=35:so=32:pi=33:ex=31:bd=46;34:cd=43;34:su=41;30:sg=46;30:tw=42;30:ow=43;30'
zstyle ':completion:*' list-colors \
'di=34' 'ln=35' 'so=32' 'ex=31' 'bd=46;34' 'cd=43;34'
;;
esac

## load user .zshrc configuration file
#
[ -f ~/.zshrc.mine ] && source ~/.zshrc.mine

2007/06/15

窓使いの憂鬱 Parallels用設定

109mac.mayuからIME変換部分のみを抜き出したもの。
最近のParallelsはCtrlとCmd(Windows上ではWin)キーを入れ替えられるので、
IME変換部分だけを残して使っている。

下記の設定を適当なテキストファイル(109macとか)に保存し、C:¥Program Files¥mayuに保存。窓使いの憂鬱の設定画面からこのファイルを指定して追加すればよい。


include "109.mayu" # 109 キーボード設定


keymap Global #(こうやって

key U-変換 = ひらがな ひらがな #ひらがな

key IL-U-変換 = ひらがな ひらがな #ひらがな(IME オン時)

key IC-U-変換 = Return ひらがな ひらがな #ひらがな(IME オン時-変換中)

key S-U-変換 = 半角/全角 ひらがな 無変換 #カタカナ
key IL-S-U-変換 = ひらがな 無変換 #カタカナ(IME オン時)

key IC-S-U-変換 = Return ひらがな 無変換 #カタカナ(IME オン時-変換中)

key U-無変換 = 半角/全角 半角/全角 #英数

key IL-U-無変換 = 半角/全角 #英数(IME オン時)

key IC-U-無変換 = Return 半角/全角 #英数(IME オン時-変換中)

2007/06/10

UNOでUIを統一

UNO_screenshotOS Xの基本UIの見た目はMetalやAqua、Aquaの進化系にiLife系のものなどが入り乱れている。そろそろいい加減、初期のAqua系がなくなってくれないかと思っていたら、こんなアプリを見つけた。

UNO
UIの見た目を一つ(UNO)に統一してくれる。
Aqua/Metalをそれぞれ設定できるので、好みで分けることもできる。
上の設定では、さらにiTunesだけは元のルックを使うよう設定してある。

現在のバージョン(1.5.1)では、OS Xの言語環境を英語にしないとUNOの適用ができなかった。また、UNOを適用するとiTunes(7.2)のライブラリがいっさい見えなくなってしまう。UNOをアンインストールしても、ライブラリが見えない状態は直らないので注意。一度iTunesをアンインストールして、再インストールすると直る。再インストールすればUNOを適用したままでもOK。

少々手間がかかるが、手間をかけるだけの価値はあった。
一つだけ残念なのは、俺が最も好きなルックがiLife系であること。iLife系への変更も対応してくれると最高なのだが。

2007/06/05

中学の廊下でよくやったこと

こすりあげるとカーブがかかる。



Click to Play!